アクセス
since 2009
Twitter
pixiv

Author:月紳士

→pixivについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ExMenu_CustomCommand」へアクター毎アイテムを追加

レクトールおまけスクリプトの「ExMenu_CustomCommand」へ
アクター毎アイテム所持スクリプトを表示する際の手順を説明します。

※ 自己責任にて改造してください。バックアップを忘れずに。
  記事でわかりにくい部分があれば月紳士へ質問してください。
  ExMenu_CustomCommand側(mackie様)へご迷惑はお掛けしないよう願います。
  
 
作業を簡単に説明すると

従来のアイテム画面と、装備画面をなくして
代わりにアクター毎アイテム画面を表示する

です。


ここで注意するのは

従来のアイテム画面と違い、
アクター選択処理を入れる必要があること。

ここは、アイテム画面との差し替え、と思うよりも
(アクター選択処理のある)
装備画面との差し替え、と思うほうが理解が早いと思います。

すべて「ExMenu_CustomCommand」内部の書き換えです。
具体的には次の3ステップです。
その1

コマンドウィンドウの作成 (再定義)
def create_command_window
 で、

s3 = Vocab::equip

 を消去(装備の項目を消す)

sa = [s1, s2, s3, s4, s5, s6]

 の s3, を消す
 (処理的には↑はこっちだけで良い)


その2

コマンド選択の更新 (再定義)
update_command_selection

 で、

when @commands[Vocab::item]
$scene = Scene_Item.new

 の2行を消す
 かわりにその後の

when @commands[Vocab::skill], @commands[Vocab::equip],

 の
@commands[Vocab::equip]
 の部分を 
@commands[Vocab::item]
 に変える

 (装備の変わりにアイテムを入れる)


その3

アクター選択の開始 (再定義)
def update_actor_selection

 で、

when @commands[Vocab::equip]
$scene = Scene_Equip.new(@status_window.index)

 の2行を

when @commands[Vocab::item]
$scene = Scene_Actor_Item.new(@status_window.index)

 に。
 (装備の項目変わりにアイテムの項目をいれ
  呼び出すシーンはアクター毎アイテム所持に)




貴重品ウインドウを表示するならばちょっと代わります。
始めの状態からとして…


その1

コマンドウィンドウの作成 (再定義)
def create_command_window

 で、

s3 = Vocab::equip
 を
s3 = "貴重品"
 に変更。

sa = [s1, s2, s3, s4, s5, s6]

 はそのまま。


その2

コマンド選択の更新 (再定義)
update_command_selection

 で、

when @commands[Vocab::item]
$scene = Scene_Item.new

 の2行を消すのではなく、

when @commands["貴重品"]
$scene = Scene_Item.new

 とする。加えて、

when @commands[Vocab::skill], @commands[Vocab::equip],

 の
@commands[Vocab::equip]
 の部分を 
@commands[Vocab::item]
 に変える

 (ここは同じ)


その3

アクター選択の開始 (再定義)
def update_actor_selection

 で、

when @commands[Vocab::equip]
$scene = Scene_Equip.new(@status_window.index)

 の2行を

when @commands[Vocab::item]
$scene = Scene_Actor_Item.new(@status_window.index)

 に。
 (ここも変わらず)

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。