アクセス
since 2009
Twitter
pixiv

Author:月紳士

→pixivについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RGSS3【メニューで使用効果アニメ】

★最終UP 2015-4-16 ★最新バージョンはve.1.04です。


メニューで使用効果アニメ・スクリプト(RGSS3)




Capture20.jpg

 このスクリプトは
 メニュー画面でスキルやアイテムを使用した際に、アクターの顔に
 戦闘時に敵に使われる効果アニメを適用する、というスクリプトです。

 特に設定はいりません。
 導入するだけで演出効果が増すと思います。

※ このスプリプトは【アクターインベントリ】にも対応させています。
  

余談。

自作のRGSS2スクリプトの中で
気に入っていたスクリプトをRGSS3用に作りました。
突然の閃きで作ったもので、処理の仕方が良い。

ああRubyを理解してきたんだな

って自分で思えたスクリプトです。
競合点も少なく、汎用性がありそう。


アニメーションを表示させるには
画像=ビットマップではなく、
アニメ機能の付いたスプライトでなくてはなりません。

顔グラフィックはビットマップなので、
これに対してアニメを表示させようとすると
ビットマップをスプライトに差し替えるような
処理をするのが多分一般的なんだろうと思う。

このスクリプトでは差し替えはせず、
ビットマップが描画されたときに
「どこになにを描いたか」を覚えておき、
アニメ時に必要なスプライトを適切な場所・形で作り
ビットマップに重ねてそれに対してアニメ処理をする

というような構造になっています。

差し替えをせず、重ねる

という。単純な考え方なんでしょうが、思いついた時には
「これがピンと来る時に出る電球か!」と思いました。

情報をウインドウに保持させておいたり、
項目のインデックス順に顔グラは描かれているだろう
という大胆な憶測を元にした仕組みだったり、
アニメの為だけのグラフィックアップデートのループをさせていたりと
今では思いつかないテクニカルなことをしていました。

今はここまで凝ったもの作れなそう。

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。