アクセス
since 2009
Twitter
pixiv

Author:月紳士

→pixivについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリプト製作日記:RGSS3 アクターインベントリ(11)

ver.1.20b
・内部仕様の一部変更。機能は変わらず。
・拡張スクリプト「装備品ステート」を試作。
 
 
内部の仕様を変更。
RGSS2版で作っていた「強化」のような事が将来的に可能になるように、
アイテムの扱いをより個別に出来るような処理に変更しました。

もっと先に挑戦してみるつもりだったのですが
下記機能の追加の行きがかり上、この段階で変更しました。


今回、試しながら作ったのは
装備品依存のステートを追加する機能です。
RGSS2版で言うところの「装備時ステート」です。

いわいるオートステートってやつです。

今回はRGSS2版と概要が違って、
「装備品にステートが付与されている」状態です。
意味合い的にも、内容的にも。

何が違うのかというと

RGSS2版では、装備・装備解除のタイミングで
アクターにステートを付与・解除するものでしたが

RGSS3では
装備品にステートを設定することが出来るようになり、
アクターのステート検査に装備品のステートも引っかかるようになる
というような仕様です。

アクター自身のステートとは切り離されているので
アクターに対してのステート解除を行っても解除されない、
半永久ステートの実現が出来ています。

ステートの解除のタイミングだったり、処理だったりの
適切な形を色々と考えていたのですが

例えば装備品を装備したタイミングでステートをアクターに付与
というようにRGSS2版のような一般的なオートステートの方法を使うと、
様々な理由でそれが解除された(もしくはされそうになる)時の
処理をどういう風にするかも考える必要もあり、ややこしくなってきます。

解除されないようにするのか、再付与のタイミングを作るのか、とか。

そして装備品を外した際にもステートを解除することになるのですが
同じステートが別の方法でアクターに付与されていても
装備解除のタイミングで解除しちゃうのか、させないのか、とか。

装備、装備解除と同時にアクターに付与、解除 とかするのって
結局それは擬似的なオートステートになるし
擬似的であるが故の不具合も見えてくるのです。

そこで 真にオートステートなシステムとして
この方法を閃いてみました。


拡張スクリプトのテキスト配布は見送ります。
本体のベータが取れてから、と思いますし、
この拡張自体も、もっと発展させたいなぁと思っているので。

現時点では装備品ステートは固定ステートですが
これ自体、付与したり解除したりする方法が作れれば
エンチャントマジックのような機能も表現出来るようになりますね。


そんなエンチャント武器的なものを
サンプルプロジェクトの宝物庫に入れておきました。

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。