アクセス
since 2009
Twitter
pixiv

Author:月紳士

→pixivについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリプト制作日記:段差マップ用 通行判定拡張(6)

またこれやってる!

スクリプトを素材配布する際、設定のわかりやすさを心がけるようにしています。

追加地形タイル・スクリプトの機能自体は作ることができたのですが
それをエディタ上で簡単設定する方法を思考錯誤しておりました。

その時の思いついた工夫が、
「これは段差マップスクリプトに使えるんじゃないか!?」
となり、

で、またこのスクリプトのアップデートをしたわけです。

もはや脱線王。
 

タイル関連のスクリプトを作っている際、壁となるのがタイルの仕様部分です。
tilemapというクラスでタイル数を決定したり、
レイヤー構造を構築したりしているようですが
そのクラスは非公開の為(?)改造出来ません。

タイルの数、タイルのレイヤー(重なり)の数も固定となってしまっていて、
増やすことができず、
タイル配置を入れ替えしたり、使ってないタイルで代用したりするしかなく。

地形タイルスクリプトではできればオートタイル数を増やしたかったのですが
上記理由で「不可能」と思っていました。

そこで、ふと、閃いたのです。

tilemapを複製すればよいのではないか?

tilemap内部をいじることができなくても、
tilemapをふたつにすれば、タイルの数、レイヤーの数を2倍にすることができるんじゃないのか。

言うほど簡単ではありませんでしたが、、、出来ました!いえい!

これまでのバージョンでは3枚しかないレイヤーの中で、
無理やり「屋根上」「屋根下」の表現をこなしており、
場合によってレイヤー不足が生じて、
タイルB~Eが消える、という仕様になってしまっていました。

しかし、レイヤー数を増やすことが出来たので、
屋根上、屋根下を別レイヤーにしっかりわけることができました。

結果、表現が単純になり
複雑な準備がほとんど不要になりました。

船の通れる橋や、初期配置を裏回りするイベント、裏の通行判定不可、といったことには
エディタでそれらを設定をする都合上、いまだにわかりにくい準備が必要ですが。
ここはご勘弁ください。

以前からしたら、非常に使いやすいスクリプトになったと思います。
そろそろこのスクリプトは完成形かなぁ。

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。