アクセス
since 2009
Twitter
pixiv

Author:月紳士

→pixivについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁タイル拡張における段差マップの作り方

簡単ではありますが、
壁タイル拡張・サンプルプロジェクトのmap004、map005で作った
「段差マップ」の配置の仕方を説明してみました。

地形タイルによる段差マップも、この方法とほぼ同じです。
(天井タイルの代わりに地形タイルを使う感じです)

 
・段差マップとは?

※ はじめに
  この配置をするマップでは、特別な重なり判定が必要です。
  この配置をするマップIDをスクリプト内で指定しておく必要があります。
  カスタマイズ項目の ●段差のあるマップ表現 の説明をご覧ください。

Tutorial01.jpg

壁タイル拡張・スクリプトでは、
屋根や天井部分のタイルの歩行を可能にしています。
この屋根や天井に、さらに屋根・天井を持つ壁を配置する。
これが、月紳士の提案する「段差マップ」です。


Tutorial02.jpg

違う高さに表現された屋根・天井を、
ハシゴや階段のタイルで行き来することで、
擬似的に立体的なマップ表現をします。

Tutorial03.jpg

さて、実際に屋根・天井タイルを敷き詰めた中に、
さらに壁や天井を配置しようとしても、
オートタイルの機能により
思ったように配置は出来ないでしょう。

Tutorial04.jpg

天井タイルと壁タイルは常に干渉しあってしまって、
天井の上に壁が立つ、という表現には出来ません。

なにより、天井タイルの中に(境目を持った)別の天井、
という並べ方が、普通の配置方法では出来ません。

じゃあ、いったいどうやってやるの?

その解決に必要なのが、特殊操作による配置テクニックです。


・スポイト機能

まず知っておくべきことは、スポイト機能です。
これは説明書にも掲載されています。

すでに配置したマップのタイルにマウスカーソルを合わせ、
右クリックをします。

通常はタイルセットから選んだタイルを配置していきますが、
この右クリックをすることで、マップ配置されたタイルと
同じタイルを選択した状態に即変更されます。

グラフィックツールのスポイト機能に倣った機能です。
このスポイト機能を、Shiftを押しながら行うと、
少し違った動作をします。


・Shiftコピー・ペーストとは

オートタイルを配置すると、
マップ内のオートタイルが配置されたタイルに合わせて
タイル同士でくっついたり、他タイルとの境目を作ったりと
変化をします。

この変化をさせず、ひとマスのタイルをそっくりそのままの形
(境目の位置)のまま、別の場所にコピーする方法が、
「Shiftコピー、Shiftペースト」です。

Tutorial05.jpg

(1)移したい元になるタイルの上で「Shift+右クリック」 (コピー)
(2)移したい先の場所で「Shift+左クリック」       (ペースト)

この(1)、(2)の操作が基本です。
まぁ、つまりは「Shftから指を離すな」と、言うことです。
(1)のコピーを維持したまま、(2)のペーストを繰り返す事も出来ます。


・基本的な配置テクニック

まずは配置したい場所に縁取りを作ってしまいます。

Tutorial06.jpg

その中に天井タイル、壁タイルを配置します。

Tutorial07.jpg

次に縁取り部分をShiftコピー・ペーストで消していきます。

Tutorial08.jpg


・忘れてはいけない、影の表現

天井タイル、壁タイルの上には影はできません。
自然な表現にするには、影タイルを追加配置します。

Tutorial09.jpg

タイルBにこの表現に使えるタイルがふたつあります。

Tutorial10.jpg

注意したいのは通行判定です。

ゲーム上での通行判定は、
壁や天井にのせたタイルBの通行判定に影響されてしまいます。

まちがった配置をすると、壁の中を歩けるようになってしまったり、
逆に歩けるはずの場所が歩けなくなったりする場合があります。

通行できない壁タイル上には通行できない影タイル(判定が×)を、
通行できる天井タイル上には通行できる影タイル(判定が○)を
置くようにします。


・補修時のコツ

マップ内に欲しい形のタイルがあればベストですが
見当たらない、どれだかわからない場合は
自由に編集できる別マップを新規に作成すれば、
そこからコピーもできますので、
パレット代わりとして使うと良いでしょう。

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。